トップページ > 古本買取の手順

古本買取の手順

通常の古本買取は店頭で直接行います。買取ってもらう本をカウンターに持って行き、依頼しましょう。名古屋の大型店などでは、買取専用のカウンターを設けているお店もあるようです。価格の査定は店のスタッフが行います。チェーン店などでは作業がマニュアル化されているため、アルバイトのスタッフが査定を行う場合も少なくありません。ただし、古書など専門知識を要求される古本買取については、やはり専門のスタッフが査定を行う店が多いようです。

査定には多少の時間を要します。冊数が多ければ多いほど時間を要しますから、店内で立ち読みでもして時間を潰しましょう。査定が終了次第、カウンターに呼ばれます。店員から買取価格について説明を受け、その価格で買取を認めるかどうか意思を確認されます。金額に納得できない場合は、この時点で古本買取を断ることも可能です。名古屋には多くの買取店がありますから、複数の店を訪れて価格を比較してみても良いでしょう。

古本を買取に出す際は、住所、氏名、年齢、性別、電話番号などの個人情報を申し込み用紙に記入しなければならない決まりになっています。念のために免許証か保険証など、身分を証明するものを持参した方が良いでしょう。

出張サービスを利用する場合は予約が必須です。自宅へ店員が来てくれるので、大量の古本を処分したい方や、交通の手間を省きたい方は利用しましょう。基本的な手続は通常の取引と同じですが、出張費が必要なお店もあるようです。